シミができる原因とそのメカニズム

シミができる原因は、メラニンの影響が大きい、ということがわかっています。そのメラニンを発生させる原因となるものには紫外線や活性酸素、炎症などがあります。紫外線は皮膚の細胞を攻撃することとなり皮膚細胞に変異を起こさせてシミの原因となるのです。活性酸素は体の様々なことに悪影響を及ぼすことで知られていますが、活性酸素が発生するのは紫外線やストレス、喫煙に飲酒、食品添加物や便秘に睡眠不足などが考えられます。これらのことを根本的に正すことが活性酸素発生の予防でありシミの発生を防ぐものとなるのです。

顔に炎症が起こる原因は日焼けに摩擦、刺激の強い化粧品や虫刺され、やけどや外傷に湿疹やかぶれにニキビ、女性ホルモンの乱れなどが考えられますが、炎症が起きると傷を受けた細胞は再生しようと新しい細胞を作り出します。その際にメラニン色素も同時に活性してしまうこととなりシミの発生に繋がっていくというわけです。シミをなくすためにはいくつかの方法がありますが外側からの対策だけでなく体の内側から変えていく、つまりサプリなどを利用して体質を変えていくことも有効な手段となります。